設計開発部 角間 康宣

  • 設計が考えた製品が会社の顔となり、
    設計が設定したコストで会社の利益が決まる、非常に責任のある仕事です。
  • 設計開発部
  • 角間 康宣(2014年入社)

現在の仕事概要

設計開発部の仕事の特徴は新製品の設計だけでなく、製品化されるまでに行う「構造検討・設計・試作機の製作・試作機の評価・取扱説明書の作成・パーツリストの作成」と幅広く行っていることです。
基本的に新機種開発担当者は一機種につき一人のため、自分で設計した物を自分で試作機として組立てて・性能評価が行えるため、広い知識を得ることができます。その中で私は、モーター駆動洗浄機の新製品設計担当を任されています。
お客様の要求を基にモーター・ポンプ等を選定し、品質基準を満たすことや仕入れコスト・組立コストを考えた上で、3DCADを用いてフレームの設計を行っております。設計が考えた製品が会社の顔となり、設計が設定したコストで会社の利益が決まる、非常に責任のある仕事です。

やりがいを感じるところ、苦労するところ

設計を行う際はお客様の要求だけではなく、品質基準を満たすことや、仕入れコスト・組立コストを考えた上で設計を行います。
しかし、これらをふまえて試作機を製作しても、自分が思っていた品質基準とならないことが多々あり苦労します。
製品化まで試行錯誤しますが、製品化の後、お客様から初めて注文を頂き、その製品が製造ラインに流れ、お客様の手に渡った後の評価が良かった時は苦労した甲斐があったと感じます。
また、その時に初めてこの製品を担当して良かったと思います。

部署内の雰囲気

私は、入社時は3DCADをまったく操作した事がありませんでした。先輩社員の皆さんから3DCADの操作方法を教わり、今では3DCADを用いた設計が出来るようになりました。
わからない事があれば、やさしく教えて下さる先輩がいるとても雰囲気の良い職場です。
また、社外で行っている外部研修でも、業務上のスキルアップを行うために参加したい!と希望をすれば受講することができます。技術力の向上を社内外問わず高める事が出来る、そんな社員に優しい職場です。

1日の仕事スケジュール

  • 採用についての最新情報はこちらから
  • 皆様とお会い出来ることを心よりお待ちしています。